NPO法人 「竹の子の会」

「竹の子の会」は、障がいのある子どもが地域でともに生きていくために、考え行動する親の会です

クリスマスリース作りました(^o^)

 11月26日久しぶりのフラワーアレンジメント教室を開催しました。参加者は、総勢20名。

今回は、輪っかのクリスマスリースに挑戦!

 毎回いろいろな自然素材を用意して下さる平野先生を講師にお招きして、楽しいひとときを過ごすことができました。同じ材料で作ったのに、それぞれ個性あふれる味のある作品に仕上がっているのが不思議です。

「みんな違うけどみんないいんだなあ」と今更ながらに金子みすゞさんの詩を思った1日でした。来年の夏の再開を楽しみにしています。

 

うすき竹宵〜3年ぶりの参加

うすき竹宵が3年ぶりに開催されました。

我が「竹の子の会」も3年ぶりに参加しました。

自分たちで育てたサツマイモ、戸次の作業所「マルシェ」さんのクッキーとパウンドの販売。

スーパーボール、輪投げ、お菓子のつかみ取りなど楽しい遊びも企画。

 

「これでいいのかなあ」「こうしたら?」「あれはどうするの?」なんて、みんなで何かをやろうとする過程が楽しいのです。やってみたらもっと楽しい。なんと言っても、メンバーの広がりがとってもうれしかったです。「竹の子の会」に興味のある方、来年の竹宵、いっしょにやってみませんか(^o^)

うすき竹宵に出店

 

NHK「100キロウオークの先に」放送決定!

 先日、NHK北九州で放送された「100キロウオークの先に」がNHK大分で11月4日19時半〜放送されることになりました。「竹の子の会」会員 足立さんの挑戦です。

 

「100kmの先に」

約100キロの道のりを歩き切る「行橋~別府1.00キロウォーク」に全国から3000人以上が参加。人はなぜ歩くのか、その先に何があるのか、人生のドラマを見つめる。

■番組詳細内容

番組内容

福岡県行橋市から大分県別府市まで約100キロの道のりを歩き切る「行橋~別府100キロウォーク」。昼夜を問わず26時間以内に完歩しなくてはならないこの過酷な大会に全国から3000人以上が参加。

亡き夫への思いを胸に歩く女性、小学生の娘の生きる糧になればと参加した親子、聞病の末に参加を決めた男性、歩みを進める中で様々な思いが去来する。100キロの先に何があるのか、それぞれの人生のドラマを見つめる。

「サツマイモ・らっかせい収穫」日にち変更しました!

 10月のメインイベント、「サツマイモ・落花生収穫」の日にちが変更になりました。

10月22日で予定していましたが、29日9時半からとなります。雨天の場合は30日に延期します。場所は、臼杵市温井の畑です。どなたでも参加できます。子どもと一緒に農作業してみませんか?

 お問い合わせは、 電話 0972−63−1691(小野)

          メールアドレス usuki.takenokonokai@gmail.com

 

<今後のイベント>  詳しくは後日(^o^)/

   11月5日  うすき竹宵出店

   11月26日  フラワーアレンジメント教室