NPO法人 「竹の子の会」

「竹の子の会」は、障がいのある子どもが地域でともに生きていくために、考え行動する親の会です

5月例会は延期しました(;_;)

ここにきて新型コロナ感染症が急拡大している大分県

理事長との相談の上、5月例会は中止しました。残念!!

5月例会に参加予定だった皆様、お子さんと一緒に「サツマイモ植え」はいかかですか?

どなたでも参加できます。

 

「竹の子の会」では、毎年サツマイモや落花生を植えています。秋に収穫したサツマイモは、これまでは芋けんぴに加工し「うすき竹宵」で販売してきました。今年竹宵ができるかどうかはわかりませんが、できるならば引き続き参加できるといいなと思っています。

期日:5月29日(土)9:30〜11:00

場所:臼杵市温井(詳しくはお問い合わせ下さい)

※天気によっては、日にちを変更します。お天気になるといいな(^o^)

 

ちなみに、6月例会は、6月12日(土)19:00〜臼杵市観光交流プラザです。

お久しぶりです

ちょっとブログ更新休んでました。ごめんなさい。また、よろしくお願いします。

 

臼杵市に「B型作業所開設」が進んでいます。竹の子の会例会でも開設担当の方にお話を聞きました。場所は、八町大路の真ん中。障がい者就労支援施設は町から離れたところにあることが多いのですが、「地域と共に、地域の人とのふれあいを大切に」「利用者さんのための働く場」をめざすところに共感しています。竹の子の会としても積極的に関わることができるといいなと思っています。

受験生 ファイト!

寒くなりました。

学習支援をする古民家には、ペレットストーブがあって、すきま風の入るお部屋を暖めてくれています。私立入試を目前にした受験生は、オレンジ色の炎に照らされながら学習を進めています。あと少し、体調整えて頑張ってほしいです。

1月例会は、雪のため中止になりましたが、みなさん体に気をつけて、2月例会でお会いしましょう。

コスモス畑に誘われて♡

「今、コスモスがきれいですよ。」という動画に誘われて、臼杵市佐志生のコスモス畑に行ってきました。地域を元気にするために、有志の方がコスモスや赤そばを植えていました。「来年の準備資金にします。」とキウイや柿を販売していました。そう言えば佐志生はキウイの栽培もしていたなあと思いつつ購入しました。来年も来たいと思います。楽しみにしています。こんな活動を一生懸命やられている話を聞くと何だか元気がでてきます。

f:id:usuki-takenokonokai:20201108202242j:plain

f:id:usuki-takenokonokai:20201108202254j:plain

f:id:usuki-takenokonokai:20201108202305j:plain

秋の一日  コスモスが風にゆれていました

 

農業体験研修〜サツマイモ・落花生の収穫

f:id:usuki-takenokonokai:20201025105131j:plain

f:id:usuki-takenokonokai:20201025105143j:plain

f:id:usuki-takenokonokai:20201025105153j:plain

「落花生は土の中に実るんだ」って実感!!

 10月18日にサツマイモと落花生を収穫しました。なぜか!?今年のサツマイモは不作でコンテナ1杯にもならず残念でした。

 

 落花生の方は比較的大きな実がつきました。土のついた株から実を1つ1つ手ではずして収穫。堀立てを茹でて食べましたが、そのおいしいこと!自分たちで植えた醍醐味ですね(^o^)

 

 残った分は、販売に回しました。今年もたくさん買ってもらえるといいな。

いつもと違う秋、原点に返って、こだわりたい!

9月例会をもちました。

サツマイモの成長は今ひとつ。今年は、うすき竹宵も中止となり、収穫したイモを使っての「イモけんぴ」もなし!  例年と違う秋の「竹の子の会」です。

 

「普通学校にあたりまえに通うことに、親も子もエネルギーを使い大変なストレスがたまること」が話題になりました。できないこと、困ったことがあるからこそ、子どもも先生も考え工夫することで成長し、一緒に過ごすことができるはずなのに、、、。きついし面倒だし大変なんだけど、「共に生きる」社会はこの積み重ねあってこそなのではないか、と考えます。

 「この子のために」は、本当にこの子のためなのか、、、、。なぜか、排除という影が見え隠れしています。

「竹の子の会」のこだわっていきたい課題です。

もうすぐ やっと 夏休み・・・

 今年の夏は、地域によって夏休みの短縮期間が違っているようです。県内でも市町村によって違います。臼杵市は、8月8日〜8月23日の2週間だそうです。その間にはお盆もあるし、たぶんあっという間に過ぎてしまうのでしょうね。

 梅雨明けと同時に毎日の酷暑。学校は昨年エアコンが設置されたようですが、暑さに弱くマスク嫌いな子には、たまったものではありません。登下校も汗びっしょり。授業日数の確保だけで対応するのではなく、子どもにとってどうするのがいいのか総合的に考えて欲しいものです。せめて夏休みの宿題は減らして欲しいですね。